石川県農業共済組合
〒920-0007 
石川県金沢市田中町か26番地1
電話(076)239-3111
FAX(076)239-0069
   




 
 
 
  りんご、ぶどう、なし、かき、くり


 

りんご、ぶどう、なし、かき、くりの種類ごとに5a以上栽培している農業者(個人、法人)、一定の要件を備えた農業生産組織です。ただし、半相殺特定危険方式は20a以上で、かつ、5年以上の栽培経験がある場合に加入できます。

りんご、ぶどう、なし、かき、くりの5果樹で、主な品種は次のとおりです。
りんご ぶどう なし かき くり
1類 つがる
さんさなど
デラウェア
など
新水、幸水
愛甘水など
甘がきの品種 全品種
2類 千秋、陽光
秋星など
豊水、二十世紀
あきづきなど
渋がきの品種
3類 ふじ、王林、王鈴
など
安芸クイーン
赤嶺など
新高・新興
南水など


風水害、干害、寒害、雪害、凍霜害、ひょう害、その他気象上の原因(地震、噴火を含む)による災害、火災、病虫害および鳥獣害


共済の種類 選択できる
補償割合
共済金が支払われる被害割合
半相殺方式 減収総合一般方式 7割
6割
5割
すべての災害による果実の減収
減収総合短縮方式
特定危険方式
2021年産までで廃止
8割 暴風雨のみによる果実の減収
暴風雨、凍霜害およびひょう害による果実の減収
全相殺方式 減収総合方式 8割
7割
6割
すべての災害による果実の減収
地域インデックス方式 9割
8割
7割
すべての災害による果実の減収

※半相殺方式は、損害のあった園地のみを組合員単位で減収量を把握します。
※全相殺方式は、農家のおおむね全量を共同出荷していることが条件となり、農協等の出荷資料により損害評価して減収量を把握します。

  特定危険方式・半相殺減収総合短縮方式 全相殺方式・半相殺減収総合一般方式・
地域インデックス方式
 りんご  2月1日〜3月10日  4月1日〜5月 1日
 ぶどう  2月1日〜3月 1日  4月1日〜5月 1日
 なし  2月1日〜3月15日  4月1日〜5月 1日
 かき  2月1日〜3月 1日  4月1日〜5月 1日
 くり  2月1日〜3月10日  5月1日〜6月10日
  全相殺方式・半相殺減収総合方式・地域インデックス方式については、花芽の形成期(春枝の伸長停止期)から果実の収穫期、特定危険方式・減収総合短縮方式については、開花期から果実の収穫期。
  共済金額 = 果実の1kg当たり価額 × 標準収穫量 × 付保割合

※付保割合は50%から70%の間で農家が選択できます。
(半相殺特定危険方式は、最高80%まで選択することができます。)
※1kg当たり価額は毎年、農林水産大臣が定めます。
共済掛金は、共済金額にそれぞれの共済掛金率を乗じて計算します。
(農家間の公平性を図るため、組合員ごとの危険段階別掛金率が設定されます)
国がこの共済掛金の1/2を負担し、残りを組合員が負担することになります。

 共済金額 × 共済掛金率 − 国庫負担金 = 組合員負担共済掛金

損害の評価は園地での現地評価(半相殺方式)と出荷量調査(全相殺方式)のいずれかによって行われます。

共済金 = 共済金額 × 支払割合(%)


損害割合ごとの支払割合
損害割合 10% 11% 20% 21% 30% 31% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
半相殺減収総合一般方式
半相殺減収総合短縮方式
- -  -  -  0% 1% 14% 29% 43% 57% 71% 86% 100%
全相殺減収総合方式
半相殺特定危険方式
  -   -  0%  1% 13% 14% 25% 38% 50% 63% 75% 88% 100%
地域インデックス方式
 0%  1% 11% 12% 22% 23% 33% 44% 55% 66% 77% 88% 100% 

平成31年産果樹共済 危険段階別共済掛金率の公告

   詳しくはパンフレットをご覧ください。  
先頭ページに戻る
個人情報の取扱いに関する方針 コンプライアンス基本方針 地図・組合案内  その他の基本方針 お問い合わせ  

Copyright©2015Nosai Ishikawa.All Rights Resarved.