石川県農業共済組合
〒920-0007 
石川県金沢市田中町か26番地1
電話(076)239-3111
FAX(076)239-0069
   




 
 
 
  ●死亡廃用共済
包括共済家畜区分 定義
搾乳牛 満24月齢以上の乳牛の雌であって搾乳の用に供されるもの
育成乳牛 満24月齢未満の乳牛の雌
子牛等を共済目的とする申し出があった場合、牛の胎児のうち乳牛であるもの
繁殖用雌牛 満24月齢以上の肉用牛の雌であって繁殖の用に供されるもの
育成・肥育牛

搾乳牛、繁殖用雌牛、育成乳牛及び種雄牛以外の牛
子牛等を共済目的とする申し出があった場合、牛の胎児のうち乳牛でないもの

種豚 出生後第5月の月の末日を経過した豚であって繁殖の用に供するもの
肉豚 出生後第20日または離乳した日以降のもの

●疾病傷害共済
包括共済家畜区分 定義
乳用牛 死亡廃用共済の「搾乳牛」及び「育成乳牛」(牛の胎児を除く
肉用牛

死亡廃用共済の「繁殖用雌牛」及び「育成・肥育牛」(牛の胎児を除く)

種豚 出生後第5月の月の末日を経過した豚であって繁殖の用に供するもの

 

●死亡廃用事故
 死亡、廃用になった場合、家畜の資産価値の2割〜8割(肉豚にあっては4割〜8割)までの範囲において共済金を支払います。(授精後240日以上の子牛胎児も選択によって対象にできます)

●疾病傷害事故
 病気やケガに要した診療費分が共済金として支払われます。ただし、国が示す診療基準外の診療費、加入時に決まる給付限度額を超える診療費については、支払うことができません。

包括共済家畜区分ごとに全頭加入(包括加入)が条件です。
共済責任期間は組合が加入申込を承諾して、農家から掛金の払い込みのあった日の翌日から1年間です。


 

共済金の支払対象となる事故を限定して加入する方式のことです。
割安の掛金で選択したメニューに応じた補償を受けることができます。

対象 加入要件 共済事故としないもの
搾乳牛、育成乳牛

@共済期間開始時において、搾乳牛、育成乳牛の頭数が6頭以上であること。
A搾乳牛、育成乳牛につき、共済期間開始前5年間にわたり引き続き養畜の業務を営んだ経験のあるもの

火災、伝染病(法定伝染病および届出伝染病)、自然災害による死亡及び廃用以外の死亡及び廃用

繁殖用雌牛、育成・肥育牛、種豚 繁殖用雌牛、育成・肥育牛、種豚につき、共済期間開始前5年間にわたり引き続き養畜の業務を営んだ経験のあるもの

@火災、伝染病(法定伝染病および届出伝染病)、自然災害による死亡及び廃用以外の死亡及び廃用A疾病又は不慮の傷害等による廃用


家畜の価額に応じて共済金を支払うことになりますので、期首に飼養計画を申告してもらいます。

●死亡廃用共済

共済金=(家畜の価額 −(肉皮等残存物または当該家畜廃用時の評価額+補償金等) × 付保割合

手当金を受ける場合、肉皮等残存物の評価額や廃用時の評価額が共済事故に係る家畜の価額の1/2を超える場合

共済金=共済事故に係る家畜の価額−(肉皮等残存物または廃用時の評価額+補償金等+手当金)

●疾病傷害共済

共済金=組合員が負担すべき費用の内容によって定められる総点数×1点の価額×90/100

家畜共済 危険段階別共済掛金率の公告(平成31年1月1日より開始する共済責任期間から)
 
 
先頭ページに戻る
個人情報の取扱いに関する方針 コンプライアンス基本方針 地図・組合案内  その他の基本方針 お問い合わせ  

Copyright©2015Nosai Ishikawa.All Rights Resarved.