石川県農業共済組合
〒920-0007 
石川県金沢市田中町か26番地1
電話(076)239-3111
FAX(076)239-0069
   


 
国においては、災害対策を講じて農業の再生産を確保し、国民に食料を安定的に供給することが重要な政策です。このような観点から、国は、「農業者が不慮の事故に因って受けることのある損失を補てんして農業経営の安定を図り、農業生産力の発展に資すること(農業災害補償法第1条)」を目的とし、また、恒久的な国の農業災害対策の基幹的制度として、保険の仕組みによる農業災害補償制度を設けて、財政援助を行います。
農業は、台風や冷害等の災害に見舞われやすく、その規模や程度も甚大な例が少なくありません。いったん被災すると農家自らの努力だけで、再生産を確保することはかなり困難です。
このため、NOSAI制度は、災害時の損失を補てんして、安定的に継続して農業経営が行える機能を果しています。
  農業生産の減少を防止する観点から、損害防止活動を行い、損害の未然防止や損害の拡大を抑制しています  
石川県では、国との間で保険関係を結ぶ二段階制による事業を実施しています。  
 
農家との連絡役の「NOSAI部長」や損害評価を行う「損害評価員」など多くの人たちの協力でNOSAIは運営されています。   
総 代       組合員(農家)の代表で、総代会を構成し、予算や事業計画
          など運営に関することを決定します。
 
 
損害評価会委員   災害の損害評価や認定について調査審議し、評価地区ごと
          の均衡を図るため抜取調査を行います。
 
NOSAI部長      共済細目書のとりまとめ、損害通知の受理、その他日常の
          組合事務に関して、組合と組合員を結ぶ重要な任務です。
 
損害評価員     災害が発生したとき、現地でその損害を調査したり、前後
          処理などを行います。
 
 
 
 
【関連ページ】
NOSAIの理念 NOSAI制度の目的 制度の機能と役割
農業災害に対する損害防止 NOSAIのしくみ NOSAIをサポートする組織
 
先頭ページに戻る
個人情報保護方針 コンプライアンス基本方針 地図・組合案内  その他の基本方針 お問い合わせ  

Copyright©2015Nosai Ishikawa.All Rights Resarved.